熊本のヨガスタジオ「SPA-ZOヨガ」で楽しく心身を健康に!

ホットヨガ&レンタルスタジオ スパゾー WE LOVE YOGA
ホーム > スパゾー・ヨガの特徴

スパゾー・ヨガの特徴

ホットヨガのいいところ

38~39℃という人間の筋肉が最も柔らかくなるという温度で行うため体を柔らかくしやすくそして怪我をしにくくなります。
(なお通常は筋肉は36.5℃で硬くこの状態でいきなり動くと筋繊維が切れ易いのでヨガをはじめる人が、初めてヨガをした翌日から体全体が痛くなる理由の一つが筋肉が切れていることからきています。)

湿度を人間が快適と感じる60%くらいに設定してあるため気分をよくヨガを行うことができます。
(これよりもあまりに低いと汗をかくのが蒸発についていけず肌が乾燥してしまいますし、逆にこれより湿度が高くなると汗をかいても蒸発せずに気持ちが悪くなります。)(なお人間が快適と感じるのは温度18~25度 湿度40~65%といわれいます)

ホットヨガの良いところはなんといっても汗をかくこと!現代社会ではただでさえ車や電車などで体を使うことが減っているにも関わらずクーラーで温度を下げすぎていますので汗をかかない(かけない)生活になっているのです。
汗は汚いと臭いというイメージがあるかもしれませんが、実は体の老廃物を出してあなたの体をキレイにそして疲れを癒すための体の作用なのです。

体を温める効果

現代人は食生活や環境の変化にともない、エアコンの効いた室内での生活や、シャワーのみの入浴、水分の過剰摂取などで体を冷やしてしまう生活スタイルになってしまっています。
体温と健康は密接に関わっており、体をあたため汗をかき代謝を良くすることが、健康とダイエットに効果的です。

ホットヨガを行う際の注意点

空腹時がベスト!

ヨガは内臓を刺激するので空腹時がベストです。

動きやすい服装で!

通気性がよく自由に体を動かせるウエアーを選ぶようにしましょう。ヨガマットを使い、裸足で行うのが良いです。

呼吸に合わせて体を動かす!

最初は鼻で吸って鼻ではく自然呼吸で、常に自分の呼吸を意識しながらやりましょう。
瞑想はヨガの重要な要素です。リラックス効果が高く、本来の自分を見つめ直します。
常に呼吸に合わせて体を動かすことで本来の効果を得ることができます。
ヨガの呼吸法は、肺の深い部分を使うゆっくりとした呼吸により心肺機能を高める効果があります。

水分補給は十分に!

ホットヨガは汗を多くかくため、脱水症状を起こさない様にこまめに水を飲みながらヨガを行ってください。
また、水分補給は発汗を促す効果もありますので、個人差はありますが、60分で約1~2Lの汗をかきます。

SPA-ZOのヨガ

九州でも非常に少ない遠赤外線ヒーターでホットヨガを楽しめるヨガスタジオです。
また、ホットだけではなく常温のヨガも行っており、場所は、個性的な飲食店やサロンが多いエリア、並木坂にあります。
スパゾーのヨガは、ヨガをストイックに追求せず、それぞれのペース、それぞれのライススタイルに合わせて無理することなく通えること、エクササイズや有酸素系ではなく【リラクゼーション】を目的としていることです。だから、ヨガを初めてする方が多いのが特徴です。
個性的で美しいインストラクターも多数在籍し、クラスの内容もそれぞれです。初めての方は、まずはそれぞれのレッスンを受けてみることをおススメします。アナタに合うインストラクター、クラスに出会えるかもしれません。
シャワールーム、ロッカールーム、パウダールームも完備しております。